2017年07月07日 | カテゴリ:未分類

平成29年6月22日・26日に(株)セイエル医療営業部 顧客支援室 川岡氏を講師に迎え、医療安全研修会「<改正>個人情報保護法の概要とポイント」を行いました。

 

平成29年5月に改正された個人情報保護法の概要を中心に、個人情報の定義、

一段高い規律とされる要配慮個人情報とは、個人情報取扱事業者の義務(第15条~35条)等について詳しく説明してもらいました。中でも個人情報取扱事業者の義務の第20条 安全管理措置は医療機関における義務で特に重要な項目との事でとても参考になりました。

 

法律独特の言い回しや専門用語で少々難解なところもありましたが、個人情報保護法が禁ずる第三者提供、利用外目的利用での損害賠償請求裁判事例、病院看護師の個人情報漏洩で病院側の責任を認める裁判事例、病院職員によるツイッター事件など具体的な事例が紹介されると皆、身を乗り出して聞いていました。私たちはまさに「要配慮個人情報」を取り扱っている職種だということを再認識しました。

同時に、医療専門職としての守秘義務も課せられているということも常に念頭に置いて業務にあたる必要があると改めて感じました。

 

 わが任務にあたりて 取り扱える人々の私事のすべて

わが知り得たる一家の内事のすべて われは人に洩らさざるべし 

 ナイチンゲール誓詞