2022年11月22日 | カテゴリ:未分類

令和4年11月16日(水)感染対策向上加算 連携カンファレンスが南岡山医療センターでWebにより開催されました。

今回の内容は、新興感染症の発生等を想定した訓練 ―個人防護具(PPE)着脱訓練―です。

連携病院から代表2名が同センターに集合し、PPEの正しい着脱方法について説明を受けた後、実際に体験しました。その様子は各病院にライブで配信されました。

当院からは、ICTのメンバーである看護師2名が参加しました。他のICTメンバーは院内の会議室で視聴しました。

PPEは、感染症・感染経路別に正しく使い分けること、正しい順番で着脱すること、外す際には自分が汚染されないようにすること、PPEを外すごとに擦式アルコールで手指消毒をする、手指消毒が必要かどうか分からなくなったらする、など再確認することが出来ました。

目に見えない細菌やウイルスが存在する中で働いている私たち。

院内感染を起さないことはもちろんですが、手指衛生・PPEで、自分の身を守ることも大切です。

イメージトレーニングを繰り返し、手順を体に覚えこませることが必要だと思いました。コロナ第8波に入ったと言われている中、感染防止対策を継続して行きたいと思います。